マンションを貸したい時に家賃の参考にした相場

相場を知り賃貸料を決める

時間だけが過ぎて行き、税金の支払い請求だけが毎年訪れます。
売却処分はせずに誰かに貸したい場合、その場合にどうすれば正しい家賃を設定する事が出来るだろうか、そう考えていた時に不動産業者の方が教えてくれたのが相場でした。
相場に見合っている金額でまずは設定する事、そこからプラスマイナスをすれば上手に家賃設定が出来るという様な事をおっしゃっていた気がします。
確かに既に周りに沢山あるマンションを例にしてそれにならって家賃を設定すれば間違いはありません。
またそのマンションの築年数等も有るので、まずは相場を調べる事、そしてそこから自分の所有している物件の借り手が付きそうな家賃を考えるというのはなかなか楽しい物でした。
そして私は大体これくらいかな、と言う金額を伝えてみた所、なかなか良い感じの数字だったようで、その金額に近い家賃で結局は人にお貸しする事になりました。
マンションは貸したいと思えば簡単に貸す事が出来る物ではありません。
高すぎても安すぎても借り手は付かない事があるようです。
またずっと情報を出しているとそれだけでも借り手が付きにくくなってしまう事もあるというのを何かの話の時に聞きました。

遺産相続で受け取ったマンションを賃貸物件に / 相場を知り賃貸料を決める / 周りの物件に見合った家賃設定がポイント